honeyee.com|Web Magazine「ハニカム」

Mail News

Blog

http:blog.honeyee.comjtakahashi

RSS

1969年生まれ
文化服装学院在学中、友人とブランド(アンダーカバー)を始める

1994年’94-‘95
秋冬東京コレクションに初参加
2002年
‘03春夏 Paris COLLECTIONに初参加

undercoverism.com
Twitter: undercover_lab
google+: undercover_lab
Facebook: Undercoverlab

photo: keiichi nitta

http:blog.honeyee.comjtakahashi_img

<< Back |  Main Page  | Next >>

ユニクロとの協業について僕の思いを話そうと思います

March 14, 2012

ユニクロとの協業について僕の思いを話そうと思います。

このプロジェクトの発表以降、本当に沢山の賛否両論の意見を耳にします。
ある人は「UNDERCOVERがユニクロと組む意図が全く理解出来ない」、
ある人は「両極のもの同士の斬新なコラボレーションに期待!」、まさにマスとコアのタッグ故、
意見が分かれるのは当然。
しかし、僕がこの協業に何故興味を持ち、それを始動させたかには理由があります。

一年以上前になりますが、最初お話を頂いた時、正直「なんでウチなの?」と、このプロジェクトの
依頼に疑問を感じました。同時に僕の性格の話になりますが、「恐いもの見たさ」や「好奇心」といった
類いの感情も同時に湧いていました。
まずは熱意がひしひしと伝わって来る担当の方々から、興味本位でお話を聞く事に。

話し合いは「日本人による日本発信のクリエイションを、世界中の人々に響かせたい」というユニクロ側の依頼理由からはじまりました。
その依頼理由に対し僕が「何をするべきか?」 「何がなし得るか?」 「お互いの考えに歩み寄るポイントはあるのか?、
それはどんなポイントなのか?」....そう考えているうちに徐々にこのプロジェクトの実現に興味が湧いて来たのです。
そして幾度にも渡る話し合いが行われました。
その話し合いの結果、双方からほぼ同時に出たアイデアが、「お父さんお母さん、そして子供たちに向けた家族服」というコンセプト
であり、それこそが双方の歩み寄りのポイントでした。

子供服に関しては、UNDERCOVERでも10年近く発表していたのですが、生産量とコスト、
上代のバランスが取れず泣く泣くストップしたという経緯がありました。
デザインは妻のリコがやっていました。
リコの創り出す子供服は本当に素晴らしいんです。
このラインには多くのファンがいたのも事実ですし、それを再開出来るという事がこのプロジェクトをやろうと決めた
大きな理由の1つです。
そしてもう一つの大きな理由は、今までUNDERCOVERを知らなかった人たちへ、
僕のクリエイションが届けられるという事。
これに関しては、他のどんなブランドより裾野が広いでしょう。
より多くの人に僕のデザインした服を着てもらえる、これは素晴らしい事です。
実際UNDERCOVERの服は、価格的にもデザイン的にも誰もが手を出せるものではありません。
それが実現出来るのです。

とはいえ、今まで僕が発信して来た様なデザイン性の強い服を作っても、この協業は成り立ちません。
あくまでもユニクロの場合、「誰もが着れて、しかも低価格の商品」が基本理念ですから。
その基本理念に対しての僕の役割は「UNDERCOVER流スパイスを加える事」。
この"スパイスのさじ加減"こそが今回のプロジェクトの全てと言って良いでしょう。
ある人にとっては「全くUNDERCOVERらしくない」、またまたある人にとっては「これくらいが丁度いい」。
ものの見方やセンスはまちまちですから、これも賛否両論あって当然です。
uuのサイトやカタログでご覧の通り、出来上がったデザインこそが、この協業に対する
「僕が加えたさじ加減」の結果なのです。
万人に通ずる為の僕のデザイン。
そう考えた時、ベーシッククローズにデザインをどれだけ注入するか..。
足しすぎても、引きすぎても成り立たない。
何処で止めるか?。
ファーストシーズンはある意味手探りの連続でした。
生地や色の選択、コストとデザインの関係性。
全てのバランスをどのエッジで成り立たせるのか。
今までの全力投球のメンタルとは別の頭でデザインする訳ですから。
それは自ずと、服そのもの自体のデザインが、UNDERCOVERとuuでは全く異なる事も
意味しています。
そうなんです、実に難しい作業でした。

そして今、セカンドシーズンのデザインも全て終了済みです。
僕的にはセカンドシーズンでこの協業が、きちっと形になったという実感を得ることができました。
先週、早くもセカンドシーズンの各色サンプル承認会が行われました。
(承認会というのは柳井社長はじめ、このプロジェクトの主要メンバーが集まって新商品の説明を聞く会です。)
一通りの商品説明の後、柳井社長から「本当に素晴らしい、感動しました」との言葉を頂くことができました。
柳井社長はセカンドシーズンの出来を見て、UNDERCOVERとの協業に何らか手応えを感じていらっしゃるようでした。
それは同時に、僕がユニクロに対し「何をやるべきか?」がはっきりした瞬間でもありました。
僕の考える「さじ加減」「スパイス」が受け入れられた勝手に解釈しています。(100%かは分かりません、今度柳井さんに会った時に聞いてみようと思います)。

今後この協業が継続されるか否かはまだ決まっていませんが、いずれにしても
僕の人生に新たな1ページが記されたわけです。
今まで通り手抜き無しの真剣勝負、一生懸命やってみました。
新たな時代に合った、新たな試み。
UNDERCOVERにしか出来ないプロジェクトだと思っています。

「この苦境の中、ポジティブに生きる家族に届けたい」、そんな思いでデザインしたuuです。
家族みなさんで楽しんで頂けたら幸いに思います。

高橋盾


My thoughts on teaming up with Uniqlo

Since the announcement of this project, I have heard a lot of opinions, both pro and con. Some say they can't make heads or tails out of UNIQLO's intention in partnering with UNDERCOVER, and others say they are expecting to see something truly innovative come out of this collaboration of polar opposites. It is only natural to think that opinions would be divided.

More than a year ago, when I first heard this talk, I questioned this project; to be honest, my first thought was "Why us?" It may be my personality, but at the same time, I felt a combination of apprehension and curiosity. At first, just to satisfy my curiosity, I wanted to hear from the people in charge who were really passionate.

Talks began with the reason for the request from UNIQLO, "We want the creations for the Japanese to reach people around the world." To which I replied, "What should I do?" "What can we accomplish?" "Do we have anything in common, and if so what?" As I asked these questions I found myself gradually becoming interested in this project. We had several more discussions, as a result of which, an idea popped up almost simultaneously from both sides: "clothes for mom, dad and the children; clothes for the family." We had found our common ground.

As far as children's clothing is concerned, as UNDERCOVER announced some 10 years ago, because we were unable to balance production volume and cost, we had to sadly give up. My wife, RICO, did the designing. RICO is really fabulous at creating children's clothes. One of the main reasons why I decided to do this project and resume making children's clothes was the fact that the line had so many fans. Another big reason was that I wanted to offer our creations to people who until now had never heard of UNDERCOVER. In this regard, we have a bigger footprint than other brands. It would be a wonderful thing to have many people wearing the clothes I had designed. Price-wise and design-wise UNDERCOVER clothing was not for everyone, but now it could be.

That said, if I made such clothes with strong design elements that I have always done, this collaboration would never have come about. The basic idea of Uniqlo is "low priced products everyone can wear." The role of UNDERCOVER is to add a little spice to that basic principle. You might say that adding a "spoonful of spice" is what this project is all about.

Some people might say that this project is not what UNDERCOVER is about; then again others might say it's "just right." Everyone has their opinion, so there are of course going to be pros and cons. The results of my spoonful of spice on our collaboration can be seen on the "uu" site and in our catalog. Designs recognizable by everyone. I thought at that time, what design can I infuse in basic clothing? It's not going to work if you add too much or remove too much. Where do you stop? The first season was in a manner of speaking a series of trials and errors. The selection of fabrics and colors, cost vs. design, how to stay balanced and edgy. It meant using a totally different headset than before to design clothes for uu that are completely different from UNDERCOVER. It was a really difficult task.

Now all the designs for the second season have been finished. For me, in the second season I was able to finally get a feel for the shape of this collaboration. Last week, we already held the second season individual color sample approval meeting. (The approval meeting is where all the key members of the project, starting with President Yanai, meet to hear an explanation of the new products.) After running through the product descriptions, President Yanai said, "Truly amazing, I'm really impressed!" Looking at the second season, it seemed to me that President Yanai could see the part UNDERCOVER had played in the collaboration. At that moment I felt the question "What should I do for Uniqlo?" was clearly answered. It would appear my idea to "add a spoonful of spice" had been accepted. (I don't know if 100%, but I just might ask President Yanai the next time I see him).

Whether or not this collaboration will continue in the future has not been decided yet, but in any case a new page in my life has been written. As always, I try my best and never cut corners.

A new endevor for a new era.

A project only UNDERCOVER can undertake.

"We offer families something positive in these tough times." That is the thinking behind uu designs. I sincerely hope your family enjoys our clothes.

JUN TAKAHASHI

March 14, 2012 , 9:46 PM

Page Top