honeyee.com|Web Magazine「ハニカム」

Mail News

Blog

http:blog.honeyee.comkshibuya

RSS

渋谷慶一郎

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。

2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作にピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』『ATAK020 THE END』、パリ・シャトレ座でのソロコンサートを収録した『ATAK022 Live in Paris』など。また、映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマSPEC」など数多くの映画・TVドラマ・CMの音楽も担当。

2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。同作品は、その後、東京、パリ、アムステルダム、ハンブルグ、オーフスで公演が行われ、現在も世界中から上演要請を受けている。

最新作の「Parade for The End of The World」は来年で初演から100年を迎えるサティ、ピカソ、コクトーのコラボレーション作品「Parade(パラード)」の現代版を制作するプロジェクトで、その未完成版が2016年5月にパリで発表された。

これまでに複雑系研究者の池上高志、ロボット学者の石黒浩、アーティストの杉本博司、パリ・オペラ座・エトワールのジェレミー・ベランガール、ルイヴィトンやピガール、エルメネジルド・ゼニアといったファッションブランドと横断的ななコラボレーションを行う。現在は東京とパリを拠点に活動を展開している。

http://atak.jp

http:blog.honeyee.comkshibuya_img

luteでやってるドキュメンタリー

August 12, 2016

5月にパリで公演した「Parade for The End of The World」のドキュメンタリーが、lute(ルーテ)っていうYoutubeチャンネルでアップされ続けてます。

第一回はこれ。「Parade for The End of The World」 Episode.1


第二回はこれ。「Parade for The End of The World」 Episode.2

もうすぐ三回目がアップされる予定なんだけど、5月末に公演したものが、後にも残せるクオリティでドキュメントされるというのは画期的なのでは。

撮影、監督、編集はパリ在住の小田光さん。複数台のカメラで撮影した劇場とリハーサルでの映像と出演者3人のインタビューで構成してて非常に見応えある内容になってます。

結構長くインタビューされたんだけど、公演後の疲れ果てた状態だったから時々ロレツが怪しかったりして長尺のインタビューの音声収録は気合を入れないといけないのだと反省してます(笑

これからアップされる三回目は1993年にフランスのアヴィニョン演劇祭で「Parade」が再演されたときにピカソに代わって舞台美術を担当した、パリ在住のアーティスト黒田アキさんのインタビューも収録されてます。

ちなみにいま黒田さんとParadeの映像を担当したジュスティーヌが映像作品作ってて音楽提供して、とか言われてんだけど、全然時間がなくて出国までにできるのかわからない・・
それは9月に日本で展示されてイベントもあるみたいです。これもよくわかってないからまた追って。


R0010364.JPG

Photograph by Keiichiro Shibuya

Page Top

OVAL 2007

July 30, 2016

懐かしさとともに今聴くと新鮮だった。約10年前のOVALのライブ。
結構リズム細胞とかレイヤー周期のズレで今やられているようなことは彼がこの頃に先取りしてたのがわかる。


彼が来日してUNITでライブをしたときに、僕がゲストでライブしたんだけど前日に自宅の近所のスーパーで偶然会って「いいチョコレートクッキーはどれ?」とすごい早口で聞かれて、
咄嗟にこれかな?とか指さしたら「いや、それは高すぎる」とか言うのでブルボンの80円くらいの長細いチョコクッキーを教えたらそれを買って行った。

次の日にUNITで会ったときに「あのチョコクッキーは良かった」とか控え室で3回くらい言ってるから心底変わってるなと思ったんだけど、好感度高くて
その大分あとに伊勢谷祐介君の映画のサントラをやるときに誘ったら僕のピアノの素材にしてOVALスタイルの曲を提供してくれた。いい感じだった。

夏の朝にいい感じだなこれは。

Page Top

Corinne Bailey Rae

July 17, 2016

Page Top