honeyee.com|Web Magazine「ハニカム」

Mail News

Blog

http:blog.honeyee.comkshibuya

RSS

渋谷慶一郎

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。

2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作にピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』『ATAK020 THE END』、パリ・シャトレ座でのソロコンサートを収録した『ATAK022 Live in Paris』など。また、映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマSPEC」など数多くの映画・TVドラマ・CMの音楽も担当。

2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。同作品は、その後、東京、パリ、アムステルダム、ハンブルグ、オーフスで公演が行われ、現在も世界中から上演要請を受けている。

最新作の「Parade for The End of The World」は来年で初演から100年を迎えるサティ、ピカソ、コクトーのコラボレーション作品「Parade(パラード)」の現代版を制作するプロジェクトで、その未完成版が2016年5月にパリで発表された。

これまでに複雑系研究者の池上高志、ロボット学者の石黒浩、アーティストの杉本博司、パリ・オペラ座・エトワールのジェレミー・ベランガール、ルイヴィトンやピガール、エルメネジルド・ゼニアといったファッションブランドと横断的ななコラボレーションを行う。現在は東京とパリを拠点に活動を展開している。

http://atak.jp

http:blog.honeyee.comkshibuya_img

Corinne Bailey Rae

July 17, 2016

Page Top

Friday Night

July 14, 2016

明日7/15(金)はなかなかコントラストが強い日でして昼間は13時から東京大学駒場キャンパスで講義して夜中は25時から渋谷のVisionでライブします。
東大は学外者でも聴講可能なので、昼夜両方来てくれた方には飴あげます。

えーと、ひとつずつ書きましょう。

昼間の東大の講義というのは東京大学教授で複雑系研究者の池上高志さんがオーガナイズしてるアートとサイエンスの講義の最終回で時間は13:00~14:45、最近パリで発表した新作の未公開映像なども交えながら池上さんと対論していく感じで進めます。池上さんとパブリックに話すの久しぶりなので楽しみです。
場所は21 Komaba Center for Educational Excellence(21 KOMCEE)というきれいな建物の4階K402という教室です。

夜のほうはVisionでSeiho君やLicaxxxがやっているTrack Makerというレギュラーイベントのゲストライブでして、TR-808とOrgon Systemという僕が10年以上使ってるモジュラーシンセみたいのとディレイマシンだけ使ったライブをやります。

当初は808だけでやろうと思ってたんだけど、モジュラーと同期させたら予想以上にものすごい音が出たので(20hz以下の音を聴き続けると人は不安になるらしい)使うことにして、ディレイはlexiconのMX200というデジタルディレイでは多分もっともテープディレイに近いのを持ち込んでやります。

ここのところ連日準備したりリハーサルしたり808もOrgonも改造してもらったりしてるのですが、、、、
アナログの音は予想以上に凄くて自分のスタジオの建物が揺れてます笑

コンピュータ使わないでドラムの音だけで1時間、新種のTrapみたいになりそう。僕のライブは25時から。

IMG_5416.JPG

Page Top

自宅で音楽を作るには

July 7, 2016

僕は日本の自宅には小さなアプライトピアノがあるだけでほとんど音楽は作らず、ひたすら自分の事務所というかスタジオというかATAK TOKYOというとこで音楽作っています。

パリでもほとんどシャトレ座の中にあるスタジオで制作してますが、最近はこっちでも忙しくてスタジオまで行く時間がない!とかスタジオは遅くても23時までしか使えないので、それだと時間が足りない!ということが起こります。最近だとPIGALLEのショーの音楽作ってたときとかは典型的にそのパターンでした。

なのでパリの家には簡単な制作用のスピーカーをセットアップしてるんですが、FOSTEXのPM0.3と同じくFOSTEXのPM-SUB miniいうのを使っていて小型ながら自宅システムとしてはすごくいい感じです。このサイズならスーツケースに入れて移動スタジオとしても使える。

ちなみにパリの家ではこんな感じで置いてます。めちゃシンプルでしょ。

IMG_5153.JPG

重要なのは2.1システムというか、これだけ小型のシステムでも低音はサブウーハーに送って使うということで、これ普通のステレオ2チャンネルで作業するよりも格段に耳が楽です。
低音を小型のスピーカーでモニターしようとすると頑張り過ぎてて音がつらい。つまり耳もつらい。
真ん中に小型でもいいから低音用のサブウーハー置くというのが肝な気がします。

ちなみにシャトレ座の中にあるスタジオはこんな感じ。こっちでは劇場の近くの楽器屋で買ったFOCAL使ってます。フランス製だからパリで買うと驚くほど安い。

IMG_5345.JPG

クラシックが主な劇場だから劇場の中で電子音楽作ってるアーティストなんて当然いなくて、モニターもなかったから2年前に自分で買って台車で運んで持ってきたのです(笑)
ここはセーヌ川に面してて日差しの変化もきれいだからずっといれる。なんとなく東京の僕のスタジオにも部屋が似ていて、居心地良くて気がつくと時間が経っているというのも同じ。

というわけで行ったり来たりしながら音楽を作っているときに小型のスピーカーシステムは大事という話でした。
で、いずれにせよ移動が多いのでコンピュータの中には膨大にソフトが入ってるけど機材としてはすごくシンプル、どこでも作業ができるというのがますます大事になってきてます。

Page Top