honeyee.com|Web Magazine「ハニカム」

Mail News

Blog

http:blog.honeyee.comkshibuya

RSS

渋谷慶一郎

音楽家。東京芸術大学作曲科卒業。
2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音響作品をリリースする。代表作に『ATAK000+』、『ATAK010 filmachine phonics』など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』を発表。
2010年には『アワーミュージック 相対性理論+渋谷慶一郎』を発表。
以後、映画「死なない子供 荒川修作」、「セイジ 陸の魚」、「はじまりの記憶 杉本博司」、「劇場版 SPEC〜天〜」、TBSドラマ「Spec」、など映画、テレビの音楽を立て続けに担当。
2012年には「サクリファイス 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜」、「イニシエーション 渋谷慶一郎+東浩紀 feat.初音ミク」を発表。
同年、世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ 「THE END」を山口情報芸術センター(YCAM)で初演。
2013年5月、Bunkamuraオーチャードホールにて、ボーカロド・オペラ『THE END』東京公演を開催。
2013年11月には、パリ・シャトレ座にて『THE END』パリ公演の開催。
この他にも国内外でマルチチャンネルによる大規模なサウンドインスタレーションを発表、コンサートも行うなど多彩な活動を展開している。

http://atak.jp/

http:blog.honeyee.comkshibuya_img

Polish Ambassador

June 19, 2016

花魁で飲んでてグラスを片手に外に出てそのまま向かいの店に入って流れてきたのが多分このPolish Ambassadorのこのremix、妙に印象に残ってる。

アルバムも流れてたかも、ってそんな長い時間いたのか?


音楽全体からじゃなくて、ある部分にだけ耳がいって全然別のイメージが勝手に頭の中で出来上がることって時々ある。

Page Top

東大で興味深いレクチャーシリーズが

June 17, 2016

カオス、複雑系研究者の盟友・池上高志(東京大学教授)が東大・駒場で一般公開の興味深いレクチャーシリーズを始めたので告知します。
最終回には僕も出ます。

ちなみに今日の13時からは僕が最も影響を受けた作曲家の高橋悠治さんがゲスト。
学部生以外、一般の方も無料で聴講可能なので行ってみてはどうでしょう。


初年次ゼミナール理科: Art and Science

概要:
本講義は、科学と芸術(特にサウンドアート)がどのように関わってきたのか、そしてこれからどう関わっていくのかについて考えるゼミ形式の授業です。
講義の前半では、これまでの科学と芸術の歴史を、その関係性に着目し講義/議論をします。
後半では、実際に両方の分野と関わり活動している方をお呼びし講義して頂きます。
最後にはこれまでの議論を踏まえ学生にプログラムを用いた作品を作ってもらいます。

講師: 土井樹、池上高志
日程: 4/22~7/15 金曜日
時間: 13:00-14:45
場所:東京大学駒場キャンパス KOMCEE K402
google map: https://goo.gl/8ZvXOL

ゲスト講師日程:
6/10 Carl Stone
6/17 高橋悠治
6/24 毛利悠子
7/8 evala
7/15 渋谷慶一郎

Page Top

memo

June 14, 2016

Page Top