honeyee.com|Web Magazine「ハニカム」

Mail News

Blog

http:blog.honeyee.comttakashiro

RSS

高城 剛

1964年葛飾柴又生まれ。
日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、
メディアを超えて横断的に活動。
著書に『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、
『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。

自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、プレイステーション、
ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。
総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。
2008年より、拠点を欧州へ移し活動。
現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、
創造産業全般にわたって活躍。
ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。
最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

www.takashiro.com

http:blog.honeyee.comttakashiro_img

ベストガジェット2014。

December 20, 2014

ベストガジェット2014

早くも年の瀬になりました。
今年も吉例、私的なベストガジェットを発表したいと思います。

第1位 DJI ファントム2

Phantom.jpg

「アップル2」が、世界ではじめてのコンシューマ・パーソナルコンピュータだとしたら、
「ファントム2」は、世界ではじめてのパーソナル・ドローンなのだろう。
新型の「Inspire1」にも期待が寄せられる。
ドローンは、久しぶりに登場したハイテクと違法行為ギリギリのストリート・カルチャーの交差点にあり、
既に空の暴走族よろしく、自作機でかっ飛ばすのが世界的ブーム

自作ドローン.jpg
僕もシェアデータを使って3Dプリンターを駆使し、折りたたみ型自作機を何台も所有しているが、
すでに規制がはじまり、自由に楽しむには今しかないと感じている。
この先にあるのは、間違いなく「タケコプター」だ。

第2位 SONY RX-100 mk3

RX-100mk3.jpg

ソニーの実験的初代機から数えて三代目に、熟成された逸品が登場するのは、
ウォークマンから引き継がれた文化のように思うが、この大きさのコンデジでここまでのクオリティを出すのは見事だ。
EOS 5D markⅢと比べても、遜色ない(もちろん、レンズによるが)。
というより、画像エンジンのExmorシリーズが秀逸なのだろう。
他のメーカーのスマートフォンやアクションカメラにも部品供給をしており、いまや他社の追従を許さない。
近年のソニーのカメラには目を見張るものがあり、
まだ未発表だが、来年発売の3CMOSのHDMI-RAW120Pの4Kカメラにも期待したいところだが、
センサーが小さいのに物理サイズが大きいのがソニーらしくない。
これは15.7万画素x3の40万画素超えのカメラで、来年はいよいよ1CMOSでも50万画素時代へ突入となる。

第3位 moto360

moto360.jpg

今年は、面白い家電製品がまったくなく、悩んだ挙句に選んだmoto360。
商品企画自体は意欲的だと思うが、まず、バッテリーの持ちが悪すぎる。
続いて、いまひとつ使用勝手の良いオケージョンが見つからない。
iPhoneもiPadもマックも、カメラやアプリを駆使し「創作」することを楽しめるが、これはただの「リモコン」だ。
唯一の利得は、身体にピッタリとくっついていることであり、
本格的に身体データを活用するアプリが出るまでは、ただの「リモコン」に過ぎない。
アップルウォッチとて同じで、本格的に金融業をはじめたアップルは、
銀行や保険をはじめた90年代のソニーと被るので、今後の製品に過度な期待はできない
すでにYosemiteで、その片鱗がうかがえる。

デジタル業界は、「デジタルだけで完結しない時代」に突入したのはDJIのファントムのヒットを見ても明らかで、
グーグルやアップルは、そこに追いついていない。
空飛ぶロボットを発売するのは、どこのメーカーからだろうか?

Page Top

島から街へ。

December 15, 2014

インターネットどころか、
電気もお湯も出ない生活をしばらく続けていると、
不思議とアイデアというか、イメージのようなものが湧いてくる。

永田農法のトマトではないが、
過度に水分や栄養をとったトマトは量産可能だが美味しくないのと同じで、
現代人にとっては、情報や、ひょっとしたら安易な食事も、アイデアやイマジネーションの妨げになっているのかもしれない。

現代人は多くの情報に触れると安堵し、美味しい食事を食べると幸せになるものだが(いわゆる「パンとサーカス」)、
それは僕とて例外ではない。

だから、適宜「圏外」へと出向き、自分のなかなか湧き上がるのを、しばし待つのも仕事の一環だと言えば方便ではないし、、
マインド・リセットと言えば、それはそうなのだろう。

そろそろパーティスーズンも宴もたけなわ近し。
都会へ戻ろう!

バンガロー04B.jpg

Page Top

ラスト・ラストリゾート。

November 28, 2014

先日、ランチを食べに船を降りてピピ島に立ち寄ったが、その物価の高騰に正直驚いた。

ちょっとしたカフェに入って食事をすると、その値段は渋谷と変わらないどころか渋谷以上で、
同じように世界中から訪れるゲストで、港付近は週末の竹下通り並みに大混雑している。

ピピ島B2.jpg

そのような状況を避け、タイ最後の秘境と言われる最南端のリペ島までやってきて、
キレイな海を見てホッとするも束の間、
常宿だったバンガローはなくなり、気がつくとリゾートホテルに変貌し、
街の真ん中にコンビニが出来て、シーズンがはじまっているのに島じゅう大工事。

海はまだキレイだと思うが、それも時間の問題なんだろうな。

リペ島B3.jpg

リペ島B.jpg

リペ島B2.jpg

リペ島B4.jpg

Page Top