honeyee.com|Web Magazine「ハニカム」

Mail News

Blog

http:blog.honeyee.comverbal

RSS

VERBAL (Music Producer & Creative Director)

m-floでの活動の他、超豪華ラップグループ TERIYAKI BOYZ® 、新たにスタートしたクリエイティブユニット
PKCZ® のメンバーとしても知られ、独自のコネクションを活かし数多くのアーティストとコラボレーション。
Pharrell、Kanye West、AFROJACK など海外のアーティストとも交流が深い。

近年はDJとしても飛躍を遂げ、そのスタイルはファッション界からの注目も熱い。デザイナーのYOONと共に2008年にスタートしたアクセサリーブランド ”AMBUSH®” ではクリエイティブディレクションを手掛け、これまでに Louis Vuitton (Kim Jones)、SACAI、A Bathing Ape® など錚々たるブランドともコラボレーション作品を発表している。

Born in Tokyo, Japan.

Music Producer, MC, DJ (m-flo, TERIYAKI BOYZ®, PKCZ®)
Creative Director (AMBUSH®)
Notable music projects with Pharrell Williams, Kanye West, Afrojack, etc.
Fashion collaborations with Louis Vuitton (Kim Jones), SACAI, A Bathing Ape®, etc.

VERBAL-OFFICIAL.COM
m-flo.com
pkcz.jp
www.ambushdesign.com

TWITTER
INSTAGRAM

http:blog.honeyee.comverbal_img

BACK FROM PARIS!

February 1, 2016

IMG_6870.JPG

AMBUSHの新作の展示会のためにパリに行って、無事帰国しました!

パリでの展示会は今回で2回目。

テロの後ということもあり、PARIS FASHION WEEKの雰囲気は今までと違う感じは否めませんでしたが、逆に「盛り上げていこう!」という活気のある人達が思いの外多かったのが印象的でした。

前回の展示会で受けた教訓を経て、1年かけて仕上げた新作。日本のお客様、バイヤー、そしてメディアの皆様が抱かれていたAMBUSHに対してイメージと、それに対比する海外の皆様の持つイメージとのギャップを強く感じ、時間をかけて「一新」させたのが今回の「HALBESTARKE~ハルプシュタルケ」コレクション。

「ハルプシュタルケ」とは、1950年代のドイツ、オーストリア、スイスで現れた 【世間に対して攻撃的な態度をとった若者達】を示す言葉。彼らが聴いていた音楽やファッションは、当時のアメリカン・カルチャーに強く影響を受け、そのスタイルはフォトグラファーのカールハインツ・ヴァインベルガーの写真集「Rebel Youth」に残されています。

http://www.rizzoliusa.com/book.php?isbn=9780847836123

tumblr_nvk9nkKZV51u0md04o1_1280.jpg

ちなみにドイツ人の友達から聞きましたが「ハルプシュタルケ」は古い言葉らしく、高齢者の方などが社会に順応できていない若者に向けて使うそうです。

そんな「ハルプシュタルケ」にインスパイアされたこのコレクションのジュエリーは全てシルバーで制作し、アパレル類も今までとは一味違う雰囲気になっていると思いますので、お楽しみに!

パリでの模様が気になる方は、是非僕とデザイナーのYOONのSNS等をチェックしてみてください:

https://www.instagram.com/yoon_ambush/

https://www.instagram.com/verbal_ambush/

https://www.instagram.com/ambush_official/

Page Top

PORTER CLASSIC : "SASHIKO LOVE"

December 2, 2015

今日、幼馴染のレオと父の吉田克幸さんが営んでいるブランド
PORTER CLASSIC が展開する「SASHIKO LOVE」を拝見しに
伊勢丹メンズ館に行って参りました。

丁寧に縫われたさしこ生地を使用したアイテム一つ一つは
まさにアートそのものでした。

吉田克幸さんがこの「刺し子の復刻を最後のライフワークにしよう」という
思いの籠ったこのイベントにはパワーを感じました。

12月8日まで開催しておりますので、
皆さん是非チェックしに行ってみてください!

PORTER CLASSIC "SASHIKO LOVE"
11.25(水)~ 12.8(火)

伊勢丹新宿点メンズ館1F
新宿区新宿3-14-1

http://www.porterclassic.com

IMG_5422.JPG

IMG_5417.JPG

5421.JPG

Page Top

「RESURRECTION〜DJ DECKSTREAM追悼イベント」

December 1, 2015

1203_deckstream_A0_1128.png

DJ DECKSTREAM の追悼イベントが12月3日(木)に開催!DJ DECKSTREAMの音楽が生み出してきた奇跡の出会いにより多数のアーティストが集結。この日はDECKSTREAMの音楽はもちろん、彼がこよなく愛したヒップホップをかけながら彼の残してきた功績をお祝いしたいと思います!

In memory of DJ DECKSTREAM, we have organized an event which will take place at Sound Museum Vision on December 3rd, 2015. DJ's and musicians will gather to celebrate his works, which touched and influenced many lives. Equipments and other memorabilia which he used throughout his career will be on display. 100% of the proceeds from this event will be donated to his family, who has supported him throughout his career. See you there!


"RESURRECTION"

〜DJ DECKSTREAM追悼イベント〜

2015.12.3 THU //SOUND MUSEUM VISION
【OPEN】19:00 【CLOSE】25:00
【CHARGE】DOOR¥2,000(No Drink)


当イベントの、前売りチケットの発売はございません。当日会場にて、入場料金をお支払いいただき、ご入場ください。
また、当日は大変混雑が予想されますので、お早目のご来店をオススメいたします。
なお、本イベントの収益金はすべて、DJ DECKSTREAMの遺族にお渡しいたします。

【出演アーティスト】
//GAIA//
AISHA, CHIHIRO, CREAM, DEN(GAS CRACKERZ), DJ Mass, D.O, JAZEE MINOR, juju bee, Lucas Valentine, 松本良喜, Mimosa,Takuma The Great&DJ %C (HOOLIGANZ) , Tarantula(Spontania),
植松陽介, VERBAL(m-flo/PKCZ®), WATT AKA ヨッテルブッテル, WISE, 山下絵理(ellie), 輪入道, ZORO(GAS CRACKERZ) and much more

//DEEP SPACE//
DJ DARUMA(PKCZ®), JOMMY, ☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm),NAGI, Kazuya, Takuya Nishiyama, KUSAMA, RyuNosuK

//WHITE//
RYOHEY, TAKA, RINA, BOSE, NACO, A-fox, BOBBY, BOH-GEN


12月3日(木)SOUND MUSEUM VISIONにて、8月27日に急逝したDJ DECKSTREAMへの追悼の意を込めたイベントが開催されることとなった。m-flo関連の作品のほか、これまでに数え切れないほどのリミックスや他アーティストの楽曲プロデュースを手掛けてきた稀代の天才、DJ DECKSTREAM。そして、ヒップホップとポップミュージック、アンダーグラウンドとメインストリームを繋ぐ貴重な存在としても各方面から支持されてきた彼。その音楽が生んだ幾多の奇跡を、この日、多くの盟友とともに振り返る。VERBAL、☆Taku Takahashiといったm-floの2人を筆頭に、DJ DECKSTREAMと親交のあった錚々たるアーティストが登場。他にも、数々のライヴアクト、DJがさらにアナウンスされていく。また、会場にはDJ DECKSTREAMの愛用機材などを展示したスペースも設置。この日、DJ DECKSTREAMの軌跡が鮮やかに蘇る!

DJ DECKSTREAM
1990年代後半からアンダーグランド・ヒップホップシーンでの活動を開始。2001年m-floのリミックスをきっかけに注目を集めるようになり、2007年10月に待望の1stフルアルバム『Sound Tracks』を発表。独特のサウンドメイキングが大きな話題となり、オリコン・インディーズランキング、iTunes、大型CDショップでアルバム・チャート1位を獲得。2009年2月には2ndアルバム『Sound Tracks2』をリリース。外資系CDショップを中心に爆発的な売上を記録する。また、Rahze名義でダンスアルバムをリリースし、日本人で初めてiTunesで4冠を達成。他にも、Lupe Fiasco、Talib Kweli、MosDef、T-Boz (From the legendary TLC) など海外のアーティストとのコラボレーションも精力的にこなし、カニエ・ウェストが自身のブログで作品を紹介するなど、海外からも大きな注目を集めた。2013年以降は、メジャーフィールドに活動の場を移し、『DECKSTREAM.JP』『DRESS CODE』といったアルバムを発表。いずれも各方面から高い評価を獲得し、まさに今後の活躍が期待されるなか、2015年8月27日早朝、交通事故のため死去。

◯IDに関するインフォメーション
YOU MUST BE OVER 20
当店では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き
身分証明証をお持ち下さい。

SOUND MUSEUM VISION
東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビルB1F ☎03 5728 2824 www.vision-tokyo.com

Shibuya-ku, Dogenzaka 2-10-7 B1F

Tokyo, Japan

http://www.vision-tokyo.com/event/resurrection?lang=

YOU MUST BE OVER 20
当店では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。


Page Top